日本サーチでは、医療機関の人的基盤の核をなす「医師」を、医療機関様の人材ニーズに応じてご紹介しております。

医師を採用する方法としては、

  1. 大学医局からの派遣を受ける
  2. 求人広告媒体に出稿する
  3. 人材紹介会社からの紹介を受ける

の3通りが普及しており、民間企業のサービスとしては後二者が一般化していますが、弊社では、3.に挙げた、人材紹介の方法による医師採用のお手伝いに注力しています。

そして、弊社の人材紹介サービスには、3つの大きな特徴があります。

 

特徴1 医療機関様の経営の自由度の確保と患者様へのサービスの向上

今でも、多くの医療機関様の重要な医師の確保策として機能し続ける、大学医局からの派遣システム。継続的、安定的に医師を供給してくれる医局の存在は、確かに魅力的です。大学医局側も、医局員のスキルアップと多様な症例の確保のため、関連病院の存在にはやはり意味があります。この意味で大学医局と市中の医療機関様は「もちつもたれつ」の関係でやってくることができました。

しかし、それにはいくつかの問題点も指摘されます。

まず、医療機関経営の根幹である、「医師確保の帰趨」を他の組織に握られてしまうという問題。初期臨床研修義務化が始まったあの年を思い出して下さい。大学医局は自己の組織防衛に走り、医師の供給を止められた病院は多大な影響を受けました。市中病院での臨床研修と医局に戻らない医師の増加が定着し、慢性的に大学病院の医師が不足している今、このリスクは増大しこそすれ、全く減少してはいません。

次に、大学医局からの医師は、一定期間後に異動してしまうという問題。多くの医療機関では、長く通院される患者さんを同じ医師がずっと担当することで、患者さんやその家族との間に信頼関係を築き、サービスレベルを向上する結果として増患にもつなげたい、そういう思いがおありではないでしょうか。しかし、医局から派遣された医師は、早くて数か月、長くても数年で医局人事により離任していきます。せっかくこれまで築き上げてきた医師と患者との良好な関係が、「システマティックに」壊されていくのは、大変もったいないことです。

また、望まない医師が派遣された時に、それを拒めないという問題。前記の通り、医局派遣の医師は、医局人事によって定期的に離任し、新たな医師が供給されます。もし仮に、前任の医師が非常に患者さんの評判が良く、多くの患者さんを抱える先生であったにもかかわらず、後任の医師ははるかに患者対応が悪く、明らかに患者さんとの信頼関係を損なっているようなときは、どうするべきでしょうか。いえ、既にそのような体験をされた医療機関様も、実際、多いことでしょう。しかし、こんなときでも、今後の長期にわたる医師の派遣を止められては困るという理由で、多くの医療機関様では、次の人事異動まで黙って耐え忍ばれてはいないでしょうか。

さらに、意外と安くない、研究支援への寄付金。これまでに述べたようなデメリットがあろうとも、医局からの派遣にコストがほとんどかからないのであれば、医局からの派遣システムは、各医療機関様にとって、とても有意義なものでしょう。しかし、現実には、個別の派遣に対する「研究費寄付」や、各年に発生する、医療機関単位の「研究費寄付」が生じます。もし仮に、一人の直接採用した良医が、5年~10年間、自院で活躍してくれたときのことを考えれば、これらのコストはどのように評価されうるでしょうか。

加えて、それによる医師給与の減少による、派遣医のモチベーション低下の問題もあります。ご承知の通り、「研究費寄付」のうちの何らかの名目分については、本来、派遣された医師に対して支払うべきであった給与から天引きされるのが一般的ですので、その分についての医療機関様の「懐」は、確かに傷まないかもしれません。しかし、この情報化社会において、こうした事情はたいていの医局員はご存知です。給与を天引きされた状態で、かつ、その病院では長くても数年しか働かないと分かっている… こうした状況で、良いパフォーマンスを発揮できるものでしょうか。

弊社は、各医療機関様の経営の自由度を高め、かつ、医局人事制度による派遣で生じるような各種のデメリットを生じさせないような、良医の紹介サービス構築しています。

 

特徴2 完全成功報酬制と早期退職時の料金返還システムによる、リスクの低減

前述のように、多くのメリットのある医師の紹介サービスですが、やはりそれなりのコストは生じます。「先に着手金を支払って、結局医師に入職してもらえなかったら…」、「折角医師が入職しても、すぐに退職してしまったら…」などの不安は尽きません。

そこで、日本サーチの医師紹介サービスでは、各医療機関様が医師と雇用契約をし、実際に入職してから初めて料金が発生する、完全成功報酬制を採用し、さらに、一定期間内の早期退職については、その期間に応じて一定率の料金のご返金をしています(例えば、ご入職後1か月未満のご退職の場合、料金の100%を返還致します)。

 

特徴3 専門のエージェントによる丁寧なマッチングで、入職後のミスマッチを防止できる

ある医師が、貴院のホームページや求人広告を見て直接応募してきた場合、その医師がどのような人物なのか、真に貴院に適合し、長く勤めて頂くことができる医師か、過去の経歴におかしなところはないか、などの諸事情を、本当にきちんと判断されることが可能でしょうか。

仮に、あなたが、ある日突然、弊社からの転職希望医師のご紹介に関する案内をお受けになったからといって、ご心配には及びません。弊社から貴院に電話をかけさせて頂いたときには、既にその医師に関する基礎的な情報確認は終わっており、貴院と基本的な方向性において一致した、安心して仕事を任せられる素養を持っていると判断できる医師のみを、紹介しているのですから。

以上のように、日本サーチの医師紹介システムには、他の方法による医師の採用に比して大きなメリットがあります。まずは、下記お問い合わせフォームより、貴院の医師ニーズをお聞かせください。弊社の経験豊富なエージェントが、貴院の人材に関する問題を、丁寧に解決いたします。

 

お問い合わせフォーム

■ 医療機関名

■ 所在地

■ ご担当者氏名 (必須)

■ ご担当者氏名 ふりがな(必須)

■ ご担当者役職 (必須)

■ メールアドレス (必須・半角)

■ 直通TEL番号 (必須・半角)

■ お問い合わせ、ご希望の内容